発毛と生活

発毛のメカニズム

当たり前に生えている髪の毛ですが、髪の毛とは何なのか、どのように生えているのか考えたことがありますか。
髪の毛とは本来皮膚の一部が変化してできたものであり、その成長は皮脂腺や汗腺とともに、胎児の時に始まります。
生まれた時から髪の毛が生えている赤ちゃんがいるのは、胎児の時に発毛のメカニズムができ上がるためです。


髪は皮膚の発生とともに生えて、角化が進んでだんだん太い毛となります。
最初に作られるのは「毛包」と呼ばれる部分で、皮膚が陥没してできます。
その下にある毛母細胞で細胞分裂が始まり、刺激を受けながら成長しますが、髪の成長には18種類のアミノ酸が必要で、これらは毛細血管から運ばれてきます。


髪の成長期間は男性では3~5年、女性では4~6年といわれており、最初は細くて柔らかい髪の毛がだんだん太くて硬い髪に成長します。
一定期間を過ぎると髪は成長しなくなり、退行期に入ります。


その後、髪は皮膚の上部へと上がっていき抜け落ちますが、その下では新しい細胞分裂の準備が始まっています。
毛穴が健康な状態を保っている場合は抜け落ちると同時に発毛が始まりますが、何かの原因で細胞分裂がうまく続かない状態になると抜け毛が増え、髪が薄くなります。


髪の量は年齢によっても大きく変化し、乳幼児は髪が細くて柔らかく、年齢とともに太くなっていきます。
10代になるとほぼ成人と一緒となり、それぞれの髪が発毛周期と呼ばれるサイクルでどんどん生えかわります。

Copyright © 2014 発毛と生活 All Rights Reserved.